上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 来年からぼくもめでたく(かはわからないが)リーマンになる。
社会や組織に大なり小なりお世話になって、なんとか飯を食わせてもらうんだろう。
これから勤める組織はどのような仕組みで成り立っているのかを知っておくことは、何かの役立つかもしれない
(少なくとも気休めにはなる)。

そこで今回準備したのは以下の3冊。

 ■ 東京都市論 進化する都市で暮らすということ 青山やすし
 ■ 石原都政副知事ノート 青山やすし
 ■ 東京都政 佐々木信夫

 ありがたいことに、都政をあつかった一般書籍ってのは多い。横浜なんかも結構ある。地方都市の行政の本だと、こう簡単にはみつからない。といっても、これらの本の大半は「行政」ではなく「政治」の都政である。半分以上は都知事の賛否。ゴシップと政治が入り交じっているような代物である。
 それでも、これらの本を読んでみて、まず感じるのは、「公務員」より「政治家」のほうが面白そうだなぁってこと(これは自分でも意外な感想だ)。
 これまでぼくは、政治家ってのはバカで、馬の骨にもならない存在だと思っていた。しかし、そのイメージの対象は、主に国会議員にである。国政だと政治家ってのはバカにみえて(そして実際そうなんだろう)、官僚のほうが賢いってのはイメージとしても、実態としても(多分)あるんだろう。でも地方だと、議会の影響力はすごく大きいんだなぁって、思うことが最近では多い。
 例えば、東京都はいま面白そうなプロジェクトを抱えている。東京五輪、外環状道路建設、横田基地軍民共用化、羽田の国際化などなど。でも、これらの最終的な意思決定は、都知事や副知事が行うことであって、一般役員がどの程度関わることができるのかは、わからない。そもそも、石原の花道をかざるために、ぼくたちがこき使われて、都政への悪評と赤字の財務が残って(退職金大丈夫?)いるだけという最悪のケースも考えられる。地方の行政とは、まったくの部外者を4年という短期サイクルで入れ替えて、一般役人はトップがバカであれ優秀であれ、知事の意思決定に従うほかないのである。これは、キャリアとかまともに考えられる職場じゃないよね~。
 例えば、いまでは外環状の計画が勃発して、騒いでいるけれど、こんなばかでかい公共投資も基本的には知事の意思決定と、その周辺の政治的力学にゆだねられている。当たり前だけれど、こうやって考えると行政の仕事はビジネスとは遠い世界である。行政の仕事は経済の合理性で決まるものじゃなくて、さっきも言ったように、政治的にきまっちゃうから怖い。議会の票とか、住民との合意形成なんてのは、不確実性で満ち満ちていて、まともな意思決定や、それに対する批判なんて、どうしてもごった煮のものでしかない。
 公務員をスポイルするシステムっていうのは、天下りとか解雇の不在とかではなくて、権利のなさにあるんじゃないだろうか?
きみたちの上司である、係長、課長はどの程度の権利をもっていて、君の意見をどこまで上流にわたすことができるんだろう?
行政の現場からくる情報が、政治に遮られることがわかっているような状況で、きみはホントに働くことができるんだろうか。ぼくはどうなんだろう?
スポンサーサイト




このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/27 19:59】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/21 16:48】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 think tank, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。