上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉
(1996/11)
村上 龍

商品詳細を見る

  冬だ。風当たりが冷たいよ。ここ最近までは、日本もちょっとした好景気で、一時期はテレビ業界もバブルものを使ってたりしたけれど、そんなネタももう使えなくなって残念がってるんじゃないかな。赤字のテレビ局もでてきているって話だよ。でも、バブルネタを放送しつつテレビ局倒産ってのも、なかなか面白いネタになりそうじゃないかな。
 いや、悪ふざけがすぎたよ。まったく、どうかしてるな。

 突然だけれど、こんな雰囲気だと、ぼくは庵野監督に何かつくってほしいと思うんだ。とびっきり、時事的で、自己批判的なやつをね。といっても世紀末ネタでは、エヴァはまだしもフリグリはいただけなかったから、実写がいいな。それも、とびっきりエロいやつが。

 とにかく、気分がすぐれないんだ。若年層むけのエンターテイメントなんて、お呼びじゃないんだ。出版倫理に触れるような、つまらないやつもごめんだよ。ラブアンドポップみたいな、最高のアダルトビデオがいいよ。

 ラブアンドポップはいつみても、救いようのない気分でいっぱいになるよ。エヴァンゲリオンはエンターテイメントの要素が強かったから、二次作品パロディがでてきたよね。そんなのも打ちのめす勢いだったよ、あれは。
 エヴァは、きっとラストで観客を中途半端に刺激したのが悪かったんだよ。やるなら、報復できないように徹底的にさ。だからさ、今回のエヴァのラストは、そうしてくれよ。頼むからさ。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 think tank, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。