上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
マインド・ゲーム [DVD]マインド・ゲーム [DVD]
(2004/12/22)
今田耕司山本精一

商品詳細を見る


 スタジオ4℃のアニメって、大塚英志が目指すアニメとは対局する位置にあるんじゃないかなぁ。なんてぼやくのは「ゲーム的リアリズムの誕生」を読んだからかな。

 でもさ、鉄コン筋クリートの広告費用がでかかったわりに、クレヨンしんちゃんのほうが面白いってのはさぁ、精鋭クリエイティブ集団と呼ばれている身分にとっては情けないとまではいかなくても、わりと寂しい気分になってくるよね。もちろん、ぼくもそんな気分になるさ。

 さらに、松本大洋を海外の監督がしているからぁってのもあるんだろうけれど、あれが日本アカデミー賞をとって、米国アカデミー賞長編アニメーション部門の選考対象にも選ばれるってのも、まったく胡散臭い話だよね、ほんと。

 でも、それがマインドゲームってなると話はガラリと変わってくるよ。湯浅監督のサイケデリックな表現にはスタジオ4℃がうってつけ。だってあれはさ、大人になれない成人むけのクレヨンしんちゃん、って解釈でいけると思うんだ。すごかったよ、信じられなかったね、いろんなことがさ。
 なんて言えばいいのかな。アニメで下ネタを描くとわりとカッコイイんだなって、本気で思っちゃったよ。くじらの腹の中で、原色の絵具をまき散らしながら、サイケな音楽にあわせて、半裸で踊り狂うってアニメはなかなかないよ。もし、嘘だと思うんだったら調べてみなよ。もちろん、確証はもてないけれどね。

 といっても、ケモノヅメはスタジオ4℃が手掛けたら、それはそれでもったいないことになってたと思うんだよ。あれもさ、十分下品だったけれど、おバカ作品じゃないからね。最近のマッドハウスがいくらテレビアニメで怠けてたといってもさ、今敏や湯浅がつくるっていえば、そこはきちんと仕事をするからね。まったく、げんきんなもんだよマッドハウスも。ちょっとはプロダクションIGをみならってほしんもんだよ。

 とにかくさ、メモリーズもアニマトもすごかったけれど、スタジオ4℃にはもう少し頑張ってほしいと思うんだ。期待しているから言うことなんだ。ホントだよ。っていうと、おっさんみたいに聞こえちゃうんだけどね。まだGenius Partyをみてないから、これをみてからだね。
 
長くなってしまったけれど、幸運を祈るよ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 think tank, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。