上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・オブ・スティング (ハヤカワ文庫 NV ク 19-1)キング・オブ・スティング (ハヤカワ文庫 NV ク 19-1)
(2008/07)
マシュー・クライン

商品詳細を見る


新宿南の紀伊国屋で平積みになっていたのが、これ。ハヤカワ文庫の棚だったので、SFかと思ったのだが、そうではなく”コン・ゲーム”(confidence game)と呼ばれるジャンルであった。このジャンルは騙し合い、詐欺を主題としてギャングやマフィアといった世界を題材として描かれるようであり、イギリスやアメリカでは市民権を得ているらしい。

 しかしこの作品は、まぁ紀伊国屋で平積みされていることからも想像できるように、あくまでエンターテイメントとして書かれている。
 オンボロアパート住まい、家庭問題、三流の赤字ビジネス、といったどこにでもいそうな情けない男を詐欺師とした一人称で話は進む。その他の登場人物の色づけもうまい。文字Tシャツといったオタク的なプログラマー、謎のブロンド美女、どうしようもなくダラケタ息子など、セオリーに則って書かれている。
 一般に想像しがちな、ギャング・マフィアを主題としたものとは少し違うもので、日常的な感情移入ができる。全体的にステレオタイプすぎる感もあるけれども、丁寧に書かれていて、イメージがはっきりしている。

 何よりも、軽快な文体と剽軽な口調がきもちよく、テンポがいい。夜に読み始めてしまい、翌日大学をさぼるはめになった。傍目に情けない50代の男が、切れ味のいいユーモアをもっているってことだけでも、どのような文体か想像できるはず。まぁ、能ある鷹はなんとやら、ってのはこの作品のキーではあるのだけれど。

 情けない男がもつ良さっていうのは、現実で気づきにくい。でも、フィクションではどうも愛らしく感じてしまう。イギリス人やアメリカ人ってのは、こうした書き方がホントうまい。日本の場合、情けない男を主人公とした良作って、太宰ぐらいしか思いつかないんだけどね。  えっ、全然愛らしくない?


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 think tank, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。